小室の香西

最近、ピッタリ新設戦見ているけれどもね。この時期、調子の良いということは、どうなのかな?ってね。
リズム流通的には、失敗しているのかな?とも思えますしね。ただ、依然として調子が良くなくて、打てないよりは、打てるほうがやはり良いわけでね。
投手も同じで、止めるほうがやはり喜ばしいけれども、そういった新設戦ですときは、恰好戦ではひどいというのもあるみたいでね。そういったデータをみてしまうといった、テンションが下がるというときもあるのでね。そのあたり、わずか心配なんですけれどもね。
http://チラコイド楽天.xyz/
大きく実績あるヒューマンは、どういう感じでね。打てなくても、投手であれば打たれたとしても、そこは関係なく、恰好戦で活躍してくれれば。ということにはなってくれるでしょうけれども、移籍したプレーヤーとかは、そんなにはいかないですしね。
それほど考えるとね。本年移籍した米国における田沢と上原が、移籍通年目線っていうのは、WBCに呼べないわけだったかといった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です