ピョンスでベルツノガエル

それでは、アスリートですのですが、ここはなんとかして休んで概況を整えて、今後の競り合いに備えてほしいは想うね。
幸い、今度の競り合いは、18日の磐田戦まで2週あるので、それでは積み増し消耗、勤続消耗をそれでは取り払う状況。それですよね。
動作が素晴らしく悪かった。そうであるのであれば。ターンオーバーをね。やるほうが良かったのではないのかな?ってね。
ただ、今年の浦和のですけれども、メンバーを見ていると、ディフェンスなんですけれども、頑張れるアスリートっていうのは、席を取り入れるとですが、那須しかいないクラス。あるいは阿部をディエンスラインに来れるというレンジがないっていうのは痛すぎますね。
疲れてくると、槙野、森脇の動作量っていうのが、ポイントのグループではあるのですが、それがなくなってしまうので、そうなってしまうと、位置付けのアスリートといった連動して、攻撃するのができなくなってしまうのでね。尚更各種アスリートによっていくべきかというけれどもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です