というため、山田は3番で。

ということになると時分の打者をどうするのか?という不具合に。
ほとんど、山田には、ランナーある状態で打たせることを考えて、前の打者は、出塁確率が高い打者を置かないといけない。
そうすると選択肢は、二つ。昨年みたいに首位打者です川端という、本年、3割をキープしていらっしゃる坂口。こういう2択であることは明々白々。
こういう2人様は、やっぱり左手打者です行為。山田は右側打者です行為。あちらにとりまして、左手打者は、圏外にとり難い。
当たり前の結果はあるのですが、1塁ベースには、左手打者のほうが近いですし、左手打者は、打った針路に滑ることができるので、左手打者のほうが、的中になる確率が高い。イチローがそんなふうにでしょ。
内野安打が多いのは、そういうことであるのでね。
ですから、本当は、バレンティンがホームラン打者であるので、出塁確率が良い山田の残りに置く。それも4番に置くのが、サイコーではあるのですが、主人は守備にアクセスに危険あるので、エンド。山田の残りに代走で出た選手という結果、敬遠される疑念がありますからね。
そんなわけで、4番ね。左手打者で今打者の雄平は完璧なのですが、今年も相変わらずであるのでね。ってなると、川端か。引越業社引越しプランナビ@アリさんクロネコヤマトアートサカイ